【取材】デイリー新潮にスピカ社会保険労務士事務所代表 飯塚知世の記事が掲載されました!

2021年全日本ヨーヨー選手権大会競技中の様子(一般社団法人日本ヨーヨー連盟)


デイリー新潮
「ヨーヨーブーム再来 日本選手権3連覇中の「美人プレイヤー」は社会保険労務士で2児の母 スケバン刑事でも指南」

ヨーヨー社労士ことスピカ社会保険労務士事務所代表 飯塚 知世記事が掲載されました!

ヨーヨーブーム、ヨーヨーとの出会いから今後の展望についてお話しています。

記事はこちら

スピカ社会保険労務士事務所では、番組出演やイベント、取材なども承っております。
まずはお問い合わせフォームからご相談下さい!

厚生年金保険・健康保険の被保険者資格の勤務期間要件の取扱変更に関するリーフレットが公表されています

厚生年金保険・健康保険の被保険者の適用要件が見直しが行われました。

2カ月以内の期間を定めて雇用される場合は、健康保険・厚生年金保険の適用除外となりますが、

令和4年10月から、当初の雇用期間が2カ月以内であっても、当該期間を超えて雇用されることが見込まれる場合は、雇用期間の当初から健康保険・厚生年金保険に加入となります。

今一度、雇用期間の見直し、確認をしてみましょう!

令和4年10月から短時間労働者の適用拡大・育休免除の見直し等が行われます|被保険者の適用要件(雇用期間が2カ月以内の場合)の見直し|日本年金機構

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2022/0613.html#cms41108

【2022年10月から適用】短時間労働者の適用拡大に関する資料が公表されています!

昨年7月にお知らせした、2022年10月から段階的に一部のパート・アルバイトの方の社会保険の加入が義務化されます! は覚えていますか?

もうすぐ適用が始まります。準備を進めてきましょう!

社内周知に困ったら、社会保険適用拡大特設サイトや、下のパンフレットを活用してみてください♪

お困りの場合は、お近くの社会保険労務士に早めにご相談ください!

令和4年10月から短時間労働者の適用拡大・育休免除の見直し等が行われます|厚生労働省

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2022/0613.html#cmsEB4E4

【記事監修】結婚情報誌ゼクシィのWEB,アプリ掲載記事を監修しました!

スピカ社会保険労務士事務所代表の飯塚知世が

結婚情報誌ゼクシィのWEB、アプリ掲載記事の監修を担当いたしました!

掲載記事はこちらからご覧いただけます!

[卒花さん教えて!] 婚約~結婚・出産でもらえたお金&(得)サービス

https://zexy.net/article/app002206010/

どんな書類が必要か前もって調べておくと安心だね! !

申請期限が過ぎたらもらえない場合もあるからね!
ぜひ記事をご覧ください~!

雇用保険受給期間の特例新設に関するリーフレットが公表されています!

2022年7月1日から、離職後に事業を開始等した方が事業を行っている期間等は、最大3年間受給期間に算入しない特例が新設されました。

厚生労働省にて、リーフレットが公表されています。

これまで雇用保険の基本手当の受給期間は、離職日の翌日から1年以内だったよね。

今回の特例によって、事業を開始した方が事業を行なっている期間の最大3年間は受給期間に算入しなくなりました!

つまり、会社員を辞めて新規で事業を開始し、その後事業を休廃業しても、また雇用保険を受給できることがあるんだね!

そうだね!特例申請には要件があるから、チェックしてみてください。

離職後に事業を開始等した場合の雇用保険受給期間の特例について|厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/newpage_26400.html

【取材】プロパートナーONLINEにスピカ社会保険労務士事務所代表飯塚知世のインタビュー記事が掲載されました!

株式会社アックスコンサルティング様運営のオンラインメディア
プロパートナーONLINE「注目士業に一問一答」のコーナーに

ヨーヨー社労士ことスピカ社会保険労務士事務所代表 飯塚 知世インタビュ―記事とインタビュー動画が掲載されました!

記事はこちら

スピカ社会保険労務士事務所では、番組出演や登壇、記事掲載なども積極的に承っております。
まずはお問い合わせフォームからご相談下さい!

男女の賃金の差異の情報公表に関する改正省令案要綱、改正告示案要綱の諮問・答申が行われました

令和4年6月24日、第50回労働政策審議会雇用環境・均等分科会が行われ、資料が公表されています。

議題

  • 女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく一般事業主行動計画等に関する省令の一部を改正する省令案要綱について(諮問)
  • 事業主行動計画策定指針の一部を改正する告示案要綱について(諮問)

配布資料

  • 資料1 女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく一般事業主行動計画等に関する省令の一部を改正する省令案要綱(諮問)
  • 資料2 事業主行動計画策定指針の一部を改正する告示案要綱(諮問)
  • 資料3 男女の賃金の差異の開示の方針と省令等の関係性等
  • 資料4 「男女の賃金の差異」の計算について(補足説明)
  • 参考資料1 女性活躍推進法に基づく男女の賃金の差異の情報公表について(第49回労働政策審議会雇用環境・均等分科会資料1)

男女が平等に働きやすい社会に向けて、情報が公開されています!チェックしてみてください。

第50回労働政策審議会雇用環境・均等分科会|厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_26450.html

【WEB連載】第2回、第3回「HRテックを導入する」【アイデム 人と仕事研究所掲載】

株式会社アイデム様のWEBメディア人と仕事研究所にて、

スピカ社会保険労務士事務所 代表 飯塚知世 のWEB連載「おさえておきたい人事労務トレンド」の第2回、第3回が公開されています。

ぜひご覧ください!

記事はこちら↓

第2回では、HRテックを活用することで「人事労務業務にどのような変化をもたらすか」について、採用から雇用契約書の締結までの流れを見ながら紹介しています。

第3回では、入社時の社会保険手続きについて、HRテックおよび電子申請を活用するメリットについて紹介しています!

記事の執筆や登壇などのご依頼を受け付けております。お問い合わせからご連絡ください。

厚生年金保険・健康保険の適用事業所における適用業種(士業)の追加に関するリーフレットが公表されています

令和4年10月1日から、5人以上の従業員を雇用している士業の個人事業所は社会保険への加入が必要となります!

適用の対象となる士業

弁護士、沖縄弁護士、外国法事務弁護士、公認会計士、公証人、司法書士、土地家屋調査士、行政書士、海事代理士、税理士、社会保険労務士、弁理士

適用に向けた準備を進めていきましょう。

また、令和4年10月になりましたら速やかに新規適用届、被保険者資格取得届等の届出を行いましょう!

健康保険・厚生年金保険の適用事業所における適用業種(士業)の追加(令和4年10月施行)|国民年金機構

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2021/20211118.html

2022年全日本ヨーヨー選手権大会WOMEN’S FREESTYLE部門部門にて優勝しました!!

スピカ社会保険労務士事務所代表であり、ヨーヨー社労士®として活動中の飯塚 知世が、

2022年6月4日、5日に開催された一般社団法人日本ヨーヨー連盟主催

2022年全日本ヨーヨー選手権大会WWOMEN’S FREESTYLE部門にて優勝いたしました!

同部門で、2020年、2021年に続き三連覇を達成となります。

応援ありがとうございました!

イベント出演や取材のご依頼は、お問い合わせフォームより受付中です!